Shintarouのブログ

警察官から転職した経験を告白している雑記ブログです。

キンコン西野の「魔法のコンパス」が面白すぎる!感銘を受けた名言をご紹介。

        

 

                        SPONSORED LINK

f:id:poririn03:20170713084319j:plain

どうも、しんたろーです。

キングコング西野が書いた「魔法のコンパス」おもしろすぎます。こんな考えもあるんだ!という名言がたくさん。

いまこの記事を読んでいるあなたも魔法のコンパスを読みたい、興味をもっているのではないでしょうか?

 

まず目次を紹介すると以下の4部構成からなっています。

  1. 向かい風はボーナスチャンス!
  2. お金の話をしよう
  3. 革命の起こし方
  4. 未来の話をしよう

 

キングコング西野さんは、お笑いだけでなく、本を執筆、株式会社クラウドワークスのデタラメ顧問に就任、渋谷のハロウィンゴミ問題を解決して広告賞を受賞。

もはやお笑いという一芸だけでなく、二芸、三芸と芸をふやしているお方。

f:id:poririn03:20170713084345j:plain

出典:キングコング西野 - Google 検索

 

魔法のコンパスを読むと、もっと行動しよう!!

 

と気持ちがたかぶります。彼の行動力の凄さ、そして考えの深さに感銘を受けます。

ということで、それぞれの章で感銘を受けた名言をご紹介。

あなたの胸のなかにそっとしまっておく言葉あり。行動につなげていこうと思える言葉もあり。名言だらけです!

 

魔法のコンパスから一部抜粋

ぼくがこの本を読んで、とくに印象に残った部分を抜粋。

 

僕は問いを待つ

ときどき「生きづらい世の中だ」と嘆いている人を見ると、羨ましくて仕方がない。

「何故、生きづらいのか?」「それを改善するためにはどうすればいいのか?」といった「問い」に囲まれているわけだ。天然でボーナスステージに立ってんじゃん。

「問い」には必ず「答え」が埋まっている。 

 引用:魔法のコンパス

 

ヨットのように生きる

さて。「問い」が見つかったら、次は、「問い」の答え方。

その方法は、人それぞれあると思うけれど、僕は常にヨットのように進むことを心掛けている。はてさて、どういうことか?

〜中略〜

多くの人は、この「嫌なこと」を消そうとする。理由は「だって嫌だから」。

気持ちはすご〜く分かるんだけど、どっこい、ヨットの理屈で考えると、その「嫌なこと」は向かい風で、やはりこれも前に進む力となる。

感情に任せて「嫌なこと」を消した先に何が待っているかというと、「無風状態」で、実は、その状態が一番やっかいだ。

何の後押しもなく、手漕ぎでエッサホイサといかないといけなくなるから。

 引用:魔法のコンパス

 

仕事の広げ方 

Aに加えてBの能力もある「1万人に1人」になると、まあまあレアカードで、そこそこ食っていける。

乱暴な喩えだけれど、イメージとしては、「お笑い」を1万時間やって、「家電」を1万時間やれば、「アメトーク」の家電芸人のオファーが舞い込んでくる、みたいな(あくまで喩えッス)AとBを結ぶ線の上が、その人の需要というわけ。

〜中略〜

仕事や、お金は、このクレジット(信用)の中から生まれるわけだから、クレジットの面積は大きければ大きいほどイイ。となると、AとBとCの位置は、離れていればいるほどイイよね。

「お金を稼ぐ」となると、どこから手をつけたらいいのか迷うけど、「クレジットの面積を広げる」という風に考えると、霧が晴れる。

引用:魔法のコンパス 

 

「子供向けですか?」と訊く親について

「アイツらは子供のことナメてんだよ」とタモリさん。

それには僕も同感で、「これは子供向けですか?」という言葉に対して、「なんで、子供よりも大人である自分のほうが理解力が上であるということを前提に話を進めてんの?」と思い、辟易する。

親や先生が考えている「子供向け」というのは、「子供なら、こういうものを好きであってほしい」というエゴでしかない。

 引用:魔法のコンパス

 

マイナスをデザインする

お客さんの胸を踊らすために大切なのは、プラスを追い求めることはもちろんのこと、それだけではなく「マイナスをデザインすること」がカギになってくる。ディズニーランドの入場ゲートなんて良い例だね。

駐車場があれだけ広くて、受け入れ態勢はバッチリなのに、チケットを買った後の入場ゲートで超並ばされるでしょ?

あんなもの、レーンを増やせば解決するじゃない?

でも、あのストレスがあるから、ようやく中に入れた時の開放感が生まれる。

引用:魔法のコンパス 

 

「空気を読む」の価値

今、「空気を読む」は、「多数派につく」という意味で使われている。小舟と大船があったら、大船に乗ることを「空気を読む」としている。

とにかく人が多い方をチョイスすることを「空気を読む」としている。

とすると、「空気を読む」という能力には何の価値もないんだよね。

「俺は空気が読める」とか言っちゃう奴には知性の欠片もない。空気なんて読めて当たり前。パッと見て、人が多い方を選べばいいだけだから。皆が黙っていれば、黙ればいい。それだけ。

 引用:魔法のコンパス

 

著者である西野亮廣プロフィール

f:id:poririn03:20170713084850j:plain

1980年、兵庫県生まれ。1999年、梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。活動はお笑いだけにとどまらず、3冊の絵本執筆ソロトークライブや舞台の脚本執筆を手がけ、海外でも個展やライブ活動を行う。

また、2015年には世界の恥と言われた渋谷のハロウィン翌日のゴミ問題の娯楽化を提案。区長や一部企業、約500人の一般人を巻き込む異例の課題解決法が評価され、広告賞を受賞した。

その他、クリエイター顔負けの「街づくり企画」「世界一楽しい学校作り」など未来を見据えたエンタメを生み出し、注目を集めている。

2016年、東証マザーズ上場企業『株式会社クラウドワークス』のデタラメ顧問に就任。

 引用:魔法のコンパス

 

魔法のコンパス感想

結論からいうとこの本を読んだ後、ぼくももっとやってやるぜ!と向上心がわきました。

さらに上記で紹介している「子供向けですか?と訊く親について」を読んだとき、ぼくも子供のこと舐めてたかも・・・と気づきハッっとさせられた。

読んだ後で、前向きさが増し、気づきがプラスされる本。

 

魔法のコンパス 目次

ぼくは読む本を買おうか迷ったとき、目次にさっと目をとおします。この本に至っては目次を読んだ瞬間「買おう!」と決意。

この本をもっと読みたい!と思える、目次をのせておきますね。

 

1章 向かい風はボーナスチャンス

1 だから、箱根駅伝は面白くない

2 僕は問いを待つ

3 はねるのトびらで見た限界

4 芸人はひな壇に出ないと飯が食えなくないのか?

5 ヨットのように生きる

6 ハロウィンのゴミ問題を遊びで解決しちゃった

 

2章 お金の話をしよう

7 「夢を追いかけようぜ」教育の罪

8  幸せなホームレスに教わった「お金の正体」

9  仕事サボって1000万円

10 仕事の広げ方

11 勝てるところで勝つ 

12 真剣に作品を売る

13 僕が田舎に豪邸が建つほどお金を払っているモノ

 

3章 革命の起こし方

14 SNSの正しい使い方

15 流通に乗せないDVDを作って、独演会のNY公演

16 ネタバレと確認作業

17 隠れテーマのある「天才万博」

18 世界一面白い学校『サーカス!』

19 イジメの終わらせ方

20 戦争が無くならない理由

21 完全分業制で作る絵本の挑戦①

22 完全分業制で作る絵本の挑戦②

23 完全分業制で作る絵本の挑戦③

24 チームの力を最大化する方法

25 お笑いライブで赤ん坊が泣く問題について

26 「子ども向けですか?」と訊く親について

27 授業中のスマホ使用禁止は時代錯誤

28 パクリの線引き

29 五輪エンブレムと「マズ調味料」

30 『負けエンブレム展』の意外な結末

31 「空気を読む」の価値

 

4章 未来の話をしよう

32 セカンドクリエイター時代

33 マイナスをデザインする

34 ファンクラブの必要性

35 スナックは最先端のエンタメ

36 テレビCMについて

37 お笑い芸人がライブで食っていけない理由

38 集客のこと

39 ライバルはAEON

40 おとぎ町ビエンナーレ

41 埼玉に『おとぎ町』

42 時代が次に求めるモノ

43 仕事になるまで遊べ

  

おわりに

魔法のコンパスは、じぶんのできることを増やしている、フリーランスに興味がある、何かに向かって頑張っている方、そして子どもを育てている親に全力でおすすめしたい本。あなたもキンコン西野から多くのことを学ぼう!

 

それでは今日もゆる〜くいきましょ♪

 

【合わせて読みたい】

【2017年版】おすすめ自己啓発本ランキング15!男性女性とわず大学生から20、30代すべての方に。

                              関連記事