Shintarouのブログ

警察官から転職した経験を告白している雑記ブログです。

20代後半の男が「こりゃ懐かしい」と思うおすすめ漫画10選。

        

 

                        SPONSORED LINK

どうも、しんたろーです。

漫画を読むようになってから今日まで!男たるものジャンプやサンデー、マガジンやチャンピオンなどを読み漁り、いくつもの名作漫画とであってきたことでしょう。

 

なかでもぼくら(20代後半の方)が10代のころの週刊少年ジャンプといえば、超面白い作品が勢揃いしてましたよね。

ということで今日はぼくがいままでに読んできて20代後半の男におすすめ!「こりゃ懐かしい!」と思える漫画10選をご紹介していきます。(すべて完結したものになります)

 

1.スラムダンク

神奈川県立湘北高校に入学した赤い髪の不良少年桜木花道は、188㎝の長身と抜群の身体能力を見そめられ、バスケットボール部主将・赤木剛憲の妹である晴子にバスケット部への入部を薦められる。晴子に一目惚れした花道は、バスケットボールの全くの初心者であるにもかかわらず、彼女目当てに入部。その後、地道な練習や試合を通じて徐々にバスケットの面白さに目覚め、その才能の芽を急速に開花させる。

引用:SLAM DUNK - Wikipedia

王道のバスケ漫画といえばスラムダンク!

最後の山王戦の文字が一切なし。選手の表情だけで数十ページを描いた、井上先生の圧倒的な画力に魅了された読者も多かったのではないでしょうか。

いま読むと、少年だったあのころとまた違った感動を味わえます。いつ読んでも面白い名作中の名作。

 

2.アイズ

私立湾田高校に通う高校2年生瀬戸一貴は同じクラスの葦月伊織に1年生の頃から恋心を抱いていた。そんな彼に葦月と二人で「新入生ようこそパーティ」の実行委員をやるという幸運が訪れる。徐々に葦月と打ち解けてきた頃、突然に彼を想う幼馴染み秋葉いつきが現れる。「葦月への想い」と「いつきの想い」の間で一貴は揺れ動く事となった。

 引用:I"s - Wikipedia

ぼくらが10代のころ、ちょっぴりセクシー要素がはいった漫画といえばこちらではないでしょうか。

小学生ながら、周りの目を気にして立ち読みしていたあのころが懐かしい。あなたもそんな、懐かしい時期あったと思います。

アイズを読んで少年時代の青春を思い出しましょう!

 

3.幽遊白書

主人公の浦飯幽助は、車に轢かれそうになっていた子供を助けたが、死んでしまう。しかし、幽助の死は霊界にとって予想外の出来事であったため、幽助は生き返るための試練を受ける

 引用:幽☆遊☆白書 - Wikipedia

当時の格闘漫画の金字塔といえば幽遊白書!

最後の魔界トーナメント編のあのなんともいえない終わりかたは、富樫先生らしいですよね。現在少年ジャンプで連載中のハンターハンターに負けず劣らずの名作。

 

4.湘南純愛組!

不良の巣窟極東高校を締めていた鬼爆コンビは学校から退学通告を受ける。だがそれは自らによる偽装工作であり、今やおたく以下とされるヤンキーから足を洗い、パンピー(一般人)になる為の自主退学であった。2人は童貞を捨てる事を目標に、与論島でリゾートバイトを始める。

その後、辻堂高校に転入した鬼爆コンビはさまざまな不良たちから喧嘩を売られ始め、毎日を喧嘩で過ごしていく。

 引用:湘南純愛組! - Wikipedia

あのグレートティーチャー鬼塚の若かりしころを描いた漫画。GTOの過去作品ですね。

喧嘩漫画かと思いきや、熱い友情あり!リアルな人間関係をことこまかに描いた漫画です。

 

5.シャーマンキング

森羅学園中等部に通う少年・小山田まん太は、ある日の帰宅途中、墓場で幽霊と戯れる少年と出会う。少年の名は麻倉葉。彼は霊と様々な交流ができる者、シャーマンと呼ばれる者達の一人だった。彼は500年に一度行われるシャーマン同士の戦い、シャーマンファイトに参加するために上京してきていた。「シャーマンファイト」、それは全世界のシャーマンを統べる「シャーマンキング」を決める戦い。葉と友人になったまん太は、彼を通じて様々なシャーマンたちと出会い、その戦いを目撃していく。

 引用:シャーマンキング - Wikipedia

シャーマンキングの主人公である葉の口癖。「なんとかなるって」という言葉、学校で流行りませんでしたか?

ジャンプでは中途半端な形で連載終了していますが、完全版ではその後の物語が描かれています。未読の方は十数年のときを経て読んでみてはいかがでしょうか。

 

6.るろうに剣心

幕末に「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客、緋村剣心。明治維新後は「不殺」(ころさず)を誓い、流浪人として全国を旅していた。神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵達との戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。

 引用:るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- - Wikipedia

いまも実写映画化されている、るろうに剣心。

抜刀の構えや「天翔龍閃」の真似をしてごっこ遊びをしていたあのころが懐かしい。

世代を超えて愛されている名作漫画。

 

7.グラップラー刃牙

地下闘技場の最年少チャンピオン範馬刃牙と、刃牙の父で地上最強の生物と謳われる範馬勇次郎を中心とし、様々な格闘家との闘いが織り成す長編格闘ドラマ。通常の格闘技の試合のみならず、色々な条件下での死闘が数多く描かれており、本作の持つ「『地上最強』は誰か?『地上最強』とは何か?」のテーマに深みを持たせている。

 引用:グラップラー刃牙 - Wikipedia

初刊がでてから10年以上たったいまでも「刃牙道」というタイトルで続編が連載している。週刊少年チャンピオンの名作中の名作。

子どもの頃にテレビでみた夜叉猿の衝撃はいまでも忘れません。

絵に好みが分かれますが、地上最強の男になるという男心をくすぐる漫画です。格闘漫画好きで読んだことない人には、全力でおすすめします。

 

8.ダイの大冒険

モンスターが平和に暮らす怪物の島「デルムリン島」で、勇者に憧れる、唯一モンスターでない少年ダイが、心優しい鬼面道士のブラスに育てられながら、ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんを始めとする友達のモンスターたちと共に暮らしていた。

時に島に現れた悪い人間を撃退し、時にさらわれたゴメちゃんを助けに島を飛び出したりしながらも平和に暮らしていたが、ある日ゴメちゃんを除いた島のモンスターたちが凶暴化してしまい、ブラスから魔王の復活を聞かされる。狼狽するダイだったが、そこに勇者の家庭教師を名乗る謎の人物アバンとその弟子の魔法使いポップが現れ、島を結界で覆いモンスターたちを魔王の支配から救うと共に、ダイを弟子にして、秘められた力を開花させていく。

引用:DRAGON QUEST -ダイの大冒険- - Wikipedia

僕らが子どものころのドラクエ漫画といえばこちら!

アバンストラーシュュ!!やドルオーラなど、ゲームの世界ではない魔法がでるたびにテンション上がります。ドラクエ好きや冒険漫画を読みたい方におすすめ。

 

9.デスノート

警察庁刑事局長夜神総一郎の一人息子で現役で東応大学への進学間違いなしとされる秀才高校生の夜神月(やがみ ライト)はある日、通っている高校の敷地内で奇妙な黒いノートを拾う。

それは死神・リュークが人間に拾わせ、どうなるかを見物するためにわざと落としたデスノートだった。ノートの所有権を得た月はリュークの姿が見えるようになり、ノートに課せられたルールを理解し様々な検証の上でその能力を確かめる。そして、自らの信じる『正義』を執行し、犯罪者の居ない新世界を実現するため世界中の犯罪者たちの名をノートに書き記して殺害していく。

 引用:DEATH NOTE - Wikipedia

いまも話題性があり、映画化もされているデスノート。

とにかく夜神月とL、そして死神を交えたストーリーが面白い! 展開もはやくテンポよく読める。よくデスノートというキーワードを思いついたなと思います。Kindleでも読めるのもポイント。

いつ読んでも楽しめる漫画です!

 

10.ドラゴンボール

ドラゴンボールといえば日本一有名な漫画ですよね。いまも午前9時からドラゴンボール超というアニメがやっています。もちろん、子どもと一緒にみています。

久しぶりに1巻を手にとると、鳥山先生の絵が42巻と比べてだいぶ変わっているのがわかります。悟空とブルマの出会いからの、天下一武道会。フリーザー、セル。そして魔人ブウうといつ読んでも面白い漫画!

 

おわりに

20代後半の男が「こりゃ懐かしい」と思える作品をまとめます。

  1. スラムダンク
  2. アイズ
  3. 幽遊白書
  4. 湘南純愛組
  5. シャーマンキング
  6. グラップラー刃牙
  7. るろうに剣心
  8. ダイの大冒険
  9. デスノート
  10. ドラゴンボール

 

子どものころに読んだ漫画って、記憶の片隅に残っていますよね。いま読むと、また違った面白さを味わうことができます。大人になっても漫画を楽しもう!

それでは今日もゆる〜くいきましょ♪

 

【おすすめ関連記事】

2歳〜3歳の子どもが「笑顔」になるおすすめ読み聞かせ絵本10選

 

                              関連記事