Shintarouのブログ

警察官から転職した経験を告白している雑記ブログです。

『ビットコイン』投資をブログで発信するため始める。リスク削減!2つのサイトに登録したよ。

        

 

                        SPONSORED LINK

こんにちは。しんたろーです。ビットコインとはなんぞやということでビットコインを購入することができるcoincheckZaifに登録しました。

f:id:poririn03:20170618000725j:plain

 

ぼくがビットコインをやってみようと思った理由がこちら!

  • ブログで発信したい。
  • 発信することで、考えていることを言語化し理解を深めたい。
  • ビットコインしいてはブロックチェーンに興味をもつことで、テクノロジーの波に乗れる可能性が広がる!

 

ビットコインの波にみんながのるなか波打ち際で待ちぼうけするのは、もったいないですからね。

せっかく雑記ブログを運営しているのだから、実際に体験して記事にしてみようと思ったわけです。

 

ただ無知すぎるのは怖いのでビットコインに関する3冊の本(ブロックチェーン入門、ブロックチェーン革命、ブロックチェーンの衝撃)を読んでみました。

そのなかでもおすすめなのは、ビットコインとブロックチェーンとはなんぞや?ということが分かりやすく書かれているブロックチェーン入門。値段も1000円以下とリーズナブルです。 

 

これから先インターネットと同様に、ブログチェーン、ビットコインが社会に根付ていくはず。知らないということは怖いことです。変な噂や詐欺まがいにひっかからないよう、まずは自分なりにブロックチェーンとビットコインを理解しておきましょう。

 

ぼくとビットコインのテーマ。

結論からいうとビットコインはハイリスク・ハイリターンです。

 

ビットコインを『投資目的』ではじめるなら、余暇資金のなかの余暇資金のなかの余暇資金でやらないと精神病みます。なんせ、2日に1回くらいのペースでビットコイン2パーセント上昇、下降なんていうメールcoincheckから届きますからね。(平成29年6月現在)

 

だからぼくがビットコインをやる目的は投資ではなく『発信』するため。さらに深掘りするなら、超絶余暇資金のなかでビットコインをやる。その推移を記事にしていこうと思っています。要はぼくとビットコインの体験記ですね。

 

そのために冒頭にも書きましたがcoincheckZaifに登録しました。

なぜ2つに登録したのか。その理由は最悪の場合、サイトを運営している会社が倒産する可能性もあるわけです。つまりリスク管理のためですね。

 

 coincheckは、ビットコイン以外の多数の仮想通貨(アルトコイン)を買えるのが特徴。

Zaifは、手数料無料なのが特徴。ただし、アルトコインの取り扱いは多くありません。

(アルトコインとは、ビットコイン以外の副産物の名称。簡単にいうとビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。)

ビットコインをやろうと思っているならリスク管理のためにも、最低でも2つの取引所に登録しておいたほうがいいですよ!そして、あなたとビットコインのテーマを決めていこう。

 

coincheck(コインチェック)の登録は、簡単3ステップで終わります。

f:id:poririn03:20170618010019j:plain

さて、ここからはビットコインを購入するためにcoinchekとZaifの登録の仕方を説明していきます。まずはcoincheckから。結論からいうと、登録は下記の3ステップでおわります。

  1. coincheckのサイトにアクセスし、名前や生年月日、本人確認書類(免許証など)を送信する。
  2. 本人確認書類の確認が終了するまで2~3日まつ。
  3. 本人確認がおわるとメールがきて、住所にハガキが送られてくる。

 

あとはハガキ到着後、数時間でくる本人確認が完了しましたというメールを待つだけ!たったこれだけで登録は完了です。

f:id:poririn03:20170618010049j:plain

 

実質じぶんでやることは、サイトにアクセスして個人情報を入力。本人確認書類を送信するだけです。あとはハガキや確認通知のメールがくるのを待つだけなので、面倒な手続きはまったくなかったですね。

 

あなたがcoincheckに本人確認書類を送信してから、1週間後にはビットコインを購入・あなたの体験を記事で発信できていることでしょう。

 

▼coincheckの詳細はこちら

ビットコインと多数のアルトコインも買える『coincheck』

 

Zaifの登録も、簡単3ステップで終わる。

f:id:poririn03:20170618011029j:plain

Zaifの登録も簡単3ステップでおわります。

  1. Zaifのサイトにアクセスして、携帯電話のSNS機能を利用した電話番号の認証を行なう。
  2. 名前や生年月日、本人確認書類を送信する。
  3. 本人確認がおわると自宅に『本人確認コード』が郵送されてくるので、そのコードを入力する。

 

f:id:poririn03:20170618011040j:plain

 

こちらもZaifでビットコインを買おうと思ってから、1週間後には購入・あなたの体験を記事やツイート、インスタグラムで発信できていることでしょう。

 

▼Zaifの詳細はこちら

取引手数料無料の『Zaif』

 

ビットコインをやるなら、余暇資金でやろう。信用取引は絶対にやるな!

ビットコインにもFXなどと同じように信用取引なるものがあります。信用取引とは、レバレッジ(いまある資金より何倍もの取引ができる)をきかして、じぶんの持っているお金以上にビットコインを買うこと。

 

メリットとしては、あなたが1万円しかもっていなかったとしてもレバレッジを効かせて10倍の取引を行う→価格が上昇すれば、10倍の利益をえることができます。

 

ただ、ぼくは絶対に信用取引はしません。なぜなら、冒頭でもいいましたがビットコンはかなり不安定なのでリスクが大きすぎます。つまり価格が上昇するかもしれないが、そのぶん損をする確率も大きいのです。

ハイリスク・ハイリターンのビットコンでレバレッジをするということは、みずから底なし沼に入っていくようなものです。

信用取引に成功したとしても、また儲けられるかもしれないと欲が出ることでしょう。逆に損をしようものなら、その損を取り返そうとすることでしょう。

 

『もしあの時こうしておけば・・・』という気持ちをもたないためにも、信用取引は絶対にやめましょう。投資に『もしあのとき』という感情は禁物です。

ビットコインをやるなら余暇資金のなかの余暇資金で!あなたが楽しめるくらいの気持ちの金額にとどめておくべきです。

おわりに

ビットコインはもう買いましたが、アルトコインはどれを買おうかいまだ検討中。決まった段階で、なぜそのコインにしたのかを理由とともに記事にしていきますね。

ハイリスク・ハイリターンといわれるビットコインですが、何事もやってみないことには本気になりませんからね。

ビットコインの国内市場はまだまだ伸びていきそうなので、1日でもはやく学んで発信いくのが吉。

 

市場調査によると、来年には取引高がいまの5倍!8兆円規模になると予想されています。

 

世間がビットコインとはなんぞや?となっているうちから身銭をきって学んで、発信、テクノロジーの波に乗っかっていきましょう。

 

▼各種サイトの詳細はこちらから。

国内最大のアルトコイン取扱『coincheck』に登録する。

手数料無料の『Zaif』に登録する。

 

それでは今日もゆるーくいきましょ♪

                              関連記事