Shintarouのブログ

警察官から転職した経験を告白している雑記ブログです。

子供と100冊読書日記に奮闘中。No.2『ぐるんぱのようちえん』可愛い象の物語。

        

 

                        SPONSORED LINK

ぐるんぱのようちえん

こんにちは。しんたろーです。

100冊読書日記2冊目はぐるんぱのようちえん!

100冊読書日記とは親子で絵本を読んで、子どもと一緒に100冊分の読書感想を書いていく絵本。

  1. 子どもが、この本で指定された100冊のなかから絵本を選ぶ
  2. 本を読み終えたらシールを貼る。
  3. 子どもに『どうだった?』と質問し、感想を引き出す。
  4. 本を読み進めていくうちに、感想を掘り下げ具体化していく。

1〜4を繰り返すうちに、読書をする習慣がついていくという魔法の絵本なのです!!

 

今回読んだ、ぐるんぱのようちえんの感想はこんな感じ!!

f:id:poririn03:20170406092155j:plain

うん、なんて書いてあるかわからん!!しかし今日から年中さんになる息子。徐々に文字が書けるようになってくれたらなと思います。

100冊読み終える頃には、字も上手になってくれていることでしょう!!

こういった1冊目と100冊目のビフォーアフターも、一つの楽しみですね。

 

ぐるんぱのようちえん

象の群れから旅に出されたぐるんぱ。行く先々でとても大きなものばかり作って失敗ばかり。でも、最後に作った幼稚園は大成功!子どもたちが大喜びすること間違いなしの絵本。 

 

背表紙には、読んであげるなら4歳から。自分で読むなら小学校初級向きと書いてありますが、子どもが2歳のときからがっつり読んであげていました。

 

この本を読み聞かせるときに気おつけたことは『そのつぎ、ぐるんぱがいったのは〜』というセリフが何度も出てくるので、子どもが飽きないように抑揚をつけて元気に読むというとこと。

 

最後に、ぐるんぱの歌があるので、その歌を読み聞かせると子どもが笑顔になこと間違いなしだよ!

 

おわりに

子どもに絵本を読む面白さを知ってほしいなら『子供と100冊読書日記』おすすめです。

本を読む習慣を、子どもと一緒につけていきましょう!

 

ちなみにこの本は、子供が自主的に本をもっと読むようになることを目的とした、フィンランドの国語メゾットによる対話法を参考に作られています。

なんだそれは?と思うかもしれませんが、冒頭にも書いてますが

  1. 子どもが本を選ぶ
  2. 読書日記を書く
  3. 日記を書くために読書感想を引き出す
  4. ご褒美シールを貼る

を繰り返すことにより、読書することを習慣化するとともに、読書感想を徐々に具体化していくということ。

 

はじめは『面白かった』しか書けなかった感想が、『◯◯は面白かったけど、◯◯は・・・』とよりリアルになる日が楽しみです!

 

子供と100冊読書日記が、親子で読書を楽しむための絵本になってくれれば嬉しいです。

【おすすめ関連記事】 

www.shirosakishintarou.com

 

それでは今日もゆる〜くいきましょ♪

                              関連記事