Shintarouのブログ

警察官から転職した経験を告白している雑記ブログです。

【2018年版】おすすめ自己啓発本ランキング15!男性女性とわず大学生から20、30代すべての方に。

        

 

                        SPONSORED LINK

f:id:poririn03:20170416093629p:plain 

【最終更新日平成30年1月10日】

こんにちは。しんたろーです。ぼくがいままで読んできた自己啓発本を、ランキング形式でご紹介!

もちろん、すべて自分で読んできたものになります。

 

この中から気になったものを選んでいただき、読んだあと

 

心がふわっと軽く

 

なっていただけたら、嬉しいです。

今すぐ今年読んだなかで、No. 1の本を読みたい方はこちら↑↑

 

【目次】

  

第15位 半径5メートルの野望/はあちゅう

自分なりの「一番芯になる部分の行動基準」を決めておけば、個別のケースでいちいち悩む必要がなくなります。

私の場合は、お金よりも、有名になることよりも「自分が気持ちよく幸せに仕事ができる」ことを最優先に考えています。

いま働き方や、じぶんの生き方に迷っている20代にはとくに読んでほしいです。

この本を読むと勇気をもらえます!!

あなたの芯になる行動基準はなんですか??

じぶんに問いかけるチャンスをくれる、良書です。

 

 

第14位 多眼思考~モノゴトの見方を変える300の言葉! ~/ちきりん

1.『死ぬときに備えて生きてるときにどーこーしろ』とか『老後のために若い頃に頑張れ』とか、楽しみを先送りにして今は我慢しろ系の思考は法律で禁止すべきだと思うくらいたりが悪い。
2.自分が苦労して得たものが、正しいものである、という自己正当化のために生きるのはやめた方がいい。
3.『お金があったら何をするの?』という問いに、『仕事したくない』とか『残業したくない』って答える人がいるんだけど、したくないこと』じゃなくて、『したいこと』を言えばいいのに。定時に帰って、何をしたいの?

引用:多眼思考 

ちきりん(Chikirinの日記を運営している社会派プロブロガー)が、ツイッターでツイートしたことをまとめた本。たかがツイートと思うなかれ。

その言葉は、あなたの心を軽くする名言であふれています。とくに心に響いた名言ベスト3を上記に書いてあるので、読み飛ばした方はぜひ親指をスクロールして読んでみてください。

 

 

第13位 1億円貯まる36の習慣/午堂登紀雄

メンターを見つけるということは、尊敬できる人を見つけその人の思考と行動を真似て一生懸命努力することです。

ポジティブとさ、単なる楽観主義ではなく、自分のコントロール外のことや、まだ起こってもいないことをあえて気にしないこと。

子供から助言を求めてきた時には教えてあげればよいですが、必要以上に親があれこれ干渉しては、子供が自分自身の頭で考えるせっかくのチャンスを奪ってしまいます。

子供がチャレンジ精神旺盛になるよう矯正できる人、つまり、子供の失敗を許せるのは、親であるあなたしかいないのです。 

 引用:1億円貯まる36の習慣 

アマゾンや楽天で、中古ですが、送料抜きで1円で買えます笑(平成29年8月現在)

お金を貯めるというよりは、お金を稼ぐためにどう行動すればいいかを提示してくれる本。自分の行動や習慣を変えたい方にはぜひ読んでほしいです。

 

 

第12位 禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本/枡野 俊明

目を開いていると、否応なくたくさんの視覚情報が入ってきます。

視覚情報が多すぎると、それに影響されて気持ちも落ち着かなくなるのです。

忙しいということは、『心』を『亡』くすことです。多忙のなかで、なお、ゆったりとした時間を持つ。心を整えらしにやかにしていくためには、そのことが不可欠です。

 引用:禅が教えてくれる美しい人をつくる所作の基本  

所作ときくとなんか難しそうに聞こえるかもしれませんが

 

なにも難しいことは書いてないです!!

 

この本を読むとあなたの寝る、食べる、掃除するといった日常の風景がガラッと変わります。少しの変化から大きな変化につなげていきたいときにおすすめ。

 

 

第11位 堀江貴文(ホリエモン)我が闘争。

どんな人間にも時間だけは平等に与えられている。時間あたりの作業効率と判断のスピードを極限まで上げていかなければ、僕のやりたいことは到底実現できなかった。

そしてそこでの基本は、今現在目の前にある案件にありったけの集中力を動員すること。今書いているメール、今話している相手、今見ているニュース、今考えているビジネスプラン。とにかく今、この瞬間に集中するのだ。

 引用:我が闘争

堀江貴文氏の半生を深堀りしたノンフィクション作品。本書をとおして、とにかく『今を生きる』ということはどういうことかを示唆してくれます。

  • 堀江貴文氏がどのような家庭に生まれたのか
  • そしてなぜ東大を受験したのか
  • プロ野球界、ニッポン放送買収、衆議院選立候補、ライブドア事件の裏側 

たった数十年間で、一人の人間がこれだけ濃い人生を生きてきたという事実に驚かされます。

 

そのほかにも

  • ニッポン放送を買収してなにを実現したかったのか
  • なぜ衆議院選に立候補したのか
  • そしてなぜ逮捕されたのか

を知りたい方はぜひぜひ!ホリエモンから勇気をもらえます。

 

 

第10位 未来の働きたを考えよう/ちきりん

雇用年齢延長の背景→年金財政が厳しいので、いま働いてる人は65歳、70歳まで働き続けて下さい。ということ。

人生はいつまで続くかわからない。この意識をもつことが、くだらない世間の『あるべき論』に汲々と従う生き方に対たいして、立ち向かう原動力となってくれます。

引用 :未来の働き方を考えよう 人生はニ回、生きられる

じぶんが改めて『どう生きていきたいんだっけ?』考える良いきっかけをくれる本。いま私なにしているんだろう?本当にこれでいいのかな??と迷っている方にぜひ読んでほしいです。

 

 

第9位 堀江貴文という生き方。/堀江貴文

 「何を」察知するセンス。そのセンスを磨くには、自ら動き出し、インターネットを使い倒して、教養を高めるのが一番だ。

動きたくない、変わりたくないというヤツは、それでもいい。

個人の勝手だからどうぞという感じだ。しかし、スマホがひとつ手元にああるだけで、人生を劇的に変える情報がいくらでも集まる世界に、私たちは生きていると認識してほしい。

動かない、それ自体が不安を大きくする原因で、最もリスキーな生き方だという事実を、ここであらためて述べておく。

 引用:堀江貴文という生き方 

ホリエモンがスマホが普及したことにより、いまあなたの可能性がどのくらい広がっているのかを教えてくれます。騙されたと思って読んでみてください。

この本を読んだあと、発信しよう!行動しよう!と前向きになっていただけたら嬉しいです。

 

 

第8位 悩みどころと逃げどころ/ちきりん・梅原大吾

僕が生きる喜びを感じられるのは、考えたり努力したり、なにより成長する機会が得られてるからです。

なんとか一歩でも前に進まないといけない。そういう状況が楽しさの源だから、大成功してすべてが手に入って、「毎日遊んで暮らしてください」って言われたら、まったくいい人生じゃない。

引用:悩みどころと逃げどころ | 小学館

あなたの生きる喜びはなんですか?

ちきりんと梅原大吾さんを知っている方には、ぜひとも読んでほしい。二人の思考の深さに驚かされます。

 

 

第7位 空気を読んではいけない/青木真也

同じ熱量、同じ方法では差がつかない。たった一人で温め続けた企みが、やがて結果として表に出てくると思っている。

同調圧力に負けず、『なんだ』に惑わされず生きていく上で、自分の個性を殺さずにコントロールしてくれる人との出会いは大切だ。

自分が好きでやっているのだから、すべての判断と結果は自分で引き受けたい。引退するときに後悔をしないためにも、あらゆる判断を他人に委ねることはない。

 引用:空気を読んではいけない

青木真也氏が、あなたはどう生きて生きたい? 友人とどう付き合う? お金についてどう考える?とメッセージを発してきます。

その強烈なメッセージは、とにかく胸に響きます!

 

 

第6位 マーケット感覚を身につけよう/ちきりん

月間200万PVの超人気ブロガー・ちきりんの最新作。マーケット感覚とは「社会の動きがこれからどうなるのか」「いま何がいくらで売れるのか」などがわかるアンテナやセンサーといえるもの。

市場化が進む社会においてキーとなるこの新しい概念を、多様なビジネスと社会的事例を知る著者ならではの筆致で解説する。

引用:マーケット感覚を身につけよう | ちきりん 著 | 書籍 | ダイヤモンド社

  • 論理思考と対になる力を教えます!
  • 今後は公務員こそ安心できない!?
  • イケメンが婚活に連敗した理由
  • 英語の勉強はもう報われない!?

と表紙に書いあり、ものすごく気になって購入した本書。

 

とにかく考え方の幅が広がります!

 

仕事ばかりで視野が狭くなってきたかなと感じてる方にこそ、読んでほしいです。

読み終わった後の、爽快感がたまりません!!

 

 

第5位 ビジネスマンの父より息子への30通の手紙G.キングスレイ ウォード

誠実さを欠く行動の報いはいずれ受けないではいられない。しかし、以前にも言ったように、他人の心配までする必要はない。自分の人格の心配をするように。

父親は密かに息子の成功を願う気持ちがある。十七世紀の詩人ジョージ・ハーバートが『ひとりの父親は百人の教師に優る。』と詠んだ。生活の糧を得る実社会へようこそ。

 引用:ビジネスマンの父より息子への30通の手紙  

この本は、一人の父が息子にあてた手紙をまとめた作品です。

平成6年に発行されてからいまに至るまで。長くよまれ続けているロングセラー作品!

 

マゾンレビューは84件。評価は5つ星のうち4,3という高評価からも、読者から永く愛され続けているということが分かります。

 

かくいう僕も、何度も読み返し表紙はもうなし!ボロボロの状態。

とくに子を持つ親は、一度てにとってみてください。時代が違うので「ちよっと違うかな?」と思う部分もありますが、名言であふれていますから。

 

 

第4位 本音で生きる/堀江貴文

情報はタダでいくらでも手に入る。アイデアは巷に溢れているし、ローモデルになる人もそこら中にいる。

これほどまでになんでも得られる恵まれた社会で、一つだけ心がけておくべきことがある。

それは、Give,Give,Give。つまり、惜しみなく人に与えるということだ。

引用:本音で生きる

1秒も後悔しないためにホリエモンが実践している

  • 時間術(隙間時間の使い方、睡眠時間)
  • 情報に対してどのような考えを持っているか

が書かれています。

 

この考えはいまでもアウトトップできるよう心掛けている、ぼくのマインドとなってます。彼の時間に対する考えは、超参考になりますよ!

 

 

第3位 99%の会社はいらない/堀江貴文

「毎日続けるのは無理だからやめよう」ではなく、「続けられる形はどういうものなんだろう」と考えるところが重要だ。

好きなことを続けるためにも、それがさらに楽しめる場をどう作っていくのかは大切である。

 引用:99%の会社はいらない 

本書を読んで一番印象に残っているのは

  • あれこれ考えている暇があるなら行動していきましょう。
  • すでに成功している人の真似をしていこう。

というホリエモンからのメッセージ。 

 

いまなにかに熱中していて、壁にぶち当たってるなと感じている方にこそ読んでほしい。ホリエモンに強く背中を押してもらえますから!

 

 

第2位 自分の時間を取り戻そう/ちきりん

仕事よりも、自分優先で生きる
方法を教えます!

残業ばかりで限界の管理職、正樹。
家庭と仕事の両立に悩む母親、ケイコ。
働きづめのフリーランス、陽子。
会社が伸び悩んできた起業家、勇二。

多忙で余裕のない4人の物語からわかる「忙しさの本質」と「日本で働く人たちの問題点」とは?
そして今、世界中で進みつつある「大きな変化」とは?
2つの視点から明らかになる、1つの重要な概念と方法論。

引用:Amazon CAPTCHA

仕事よりも自分優先で生きる方法を教えます!というフレーズ。

またまた!ちきりんさん、言い過ぎじゃありませんか?と思いましたが、以下の7項目に一つでも当てはまる方は読むことをおすすめします。

  1. いつも満員電車に揺られながら通勤している
  2. 仕事が山積みになっている時、まずは簡単な仕事から片付ける
  3. すべてのメールに返信している
  4. ほぼほぼ残業している
  5. 残業をしてもお金が貰えるからラッキーと思っている
  6. 人に仕事を任せることができない
  7. 他人の評価が気になってしょうがない

 

 

第1位 ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく/堀江貴文

ホリエモンの半生(幼少期、東大時代、ライブドア時代、逮捕、釈放)が描かれたノンフィクション作品。

 

なかでも以下の一文には『ハッ』とさせられました。

考えてみればおかしなものだ。塀の中に閉じ込められ、自由を奪われた僕が、塀の外で自由を謳歌しているはずの一般読者から、仕事や人生の相談を受けていたのだから。

 そして思う。「みんな塀の中にいるわけでもないのに、どうしてそんな不自由を選ぶんだ?」刑務所で得た気づき、それは「自由とは、心の問題なのだ」ということである。

〜中略〜

あなたはいま、自由を実感できているだろうか。得体の知れない息苦しさに悩まされていないだろうか。

自分にはなにもできない、どうせ自分はこんなもんだ、この年齢ではもう遅い。

もしもそんな不自由さを感じているとしたら、それは時代や環境のせいではなく、ただ思考が停止しているだけである。

引用:ゼロ〜なにもない自分に小さなイチを足していく〜

『今からじゃ遅すぎる』なんてことはありません。

余計なプライドは捨てて、ゼロにイチを足していこう!

堀江貴文氏の、最高傑作の本になります。

 

 

【ここらか追記】エッセンシャル思考。

エッセンシャル思考とは、限りある時間のなかで本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、計画性のある方法論という意味です。

 

この本を手に取り、1ページめを開いたときに書いてある、

『本書は、より多くの仕事をこなすためのものではなく、やり方を変えるためのものである。そのためには、ものの見方を大きく変えることが必要になる。』

という言葉に、心奪われ即購入を決意しました。

 

何か迷っていたり、物事に行き詰まっていって一度思考をクリアにしたい方におすすめです。

 

 

多動力/堀江貴文

 Iotという言葉を最近ニュースでもよく耳にすると思う。

これは、ありとあらゆる「モノ」がインターネットとつながっていくことを意味する。
すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。
この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。
そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる「多動力」なのだ。
この『多動力』は渾身の力で書いた。「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。

いまどこの本屋でも目にしないことはないと思います。堀江貴文さんの多動力。

彼が言っていることは常に一貫している。それは「とにかく動こうよ。」ということ。

相変わらず刺激をもらえる本なので、読んで、刺激をもらい、あなたの行動につなげていただけらなと思います。

 

 

魔法のコンパス/西野

多くの人は、この「嫌なこと」を消そうとする。理由は「だって嫌だから」。

気持ちはすご〜く分かるんだけど、どっこい、ヨットの理屈で考えると、その「嫌なこと」は向かい風で、やはりこれも前に進む力となる。

感情に任せて「嫌なこと」を消した先に何が待っているかというと、「無風状態」で、実は、その状態が一番やっかいだ。

何の後押しもなく、手漕ぎでエッサホイサといかないといけなくなるから。

今年読んだ本で一番良かった本は?と問われたら、この本とこたえます。

なかでも西野さんの考える、じぶんの嫌なこと。つまり逆風が吹いている状態のとき、どう行動していくかという考えは目から鱗。

 

彼はただのお笑い芸人ではありません。ぶっ飛んでます。

でも、その考えが実に面白いし参考になることが多くあります!

 

【無料】インターネットビジネスマニフェスト/リッチシェフレン

インターネットビジネスマニフェスト完全版 リッチシェフレン 単行本 [並行輸入品]

独立前に望んでいたような収入、時間の自由、ライフスタイルがまだ得られていないなら、、
こんなことを思っていませんか?
これらの結果が達成できていないのは、「自分にはまだまだ知識が足りないからだ。」
というものです。

 Amazonや書店では購入することができない、ダイレクト出版の本。

この出版社は、講演やメルマガなどで収益を出しているので『自社のセール』という意味で、こういった本を無料で配布するとか、テストマーケティングができるんですよね。

 

メルマガも配布しているんですが、多少の胡散臭さ(笑)はありつつも、

・セールスコピー

・ネットマーケティング

の分野においては、かなり勉強になる部分があります。

 

ブログを書いている方も、この本に限らずダイレクト出版の本を読んでいる人がおおいです。

なので『自分の強みを知りたい』、『個人で稼ぐ力をみにつける考え方を知りたい』なら、ほんとおすすめです。

 

公式サイトには、いつまで無料か不明と書いてあるので、無料のうちにぜひ読んでみてください。

 

インターネットビジネスマニフェスト(無料)を購入する

 

おわりに 

本気でおすすめする自己啓発本しかありません。

ぜひ、何か気になる本があれば読んでみてください。

読み終わった後、あなたの心が前向き、やる気に満ちてくれたら嬉しいです!

  

今年読んだ本で、No. 1はこちら↑↑

                              関連記事