Shintarouのブログ

警察官から転職した経験を告白している雑記ブログです。

Googleアドセンスを設置する前に知っておきたいこと7選

        

 

                        SPONSORED LINK

 こんにちは。しんたろーです。先日とうとう、Googleアドセンスの審査を無事通過することができました。これで広告が設置できるぞ!と思ったのですが、パソコン・スマホともに掲載場所をどうすれば良いか分からなかったので、広告の基本的な掲載場所や掲載すべきでない場所、単価、警告がきた場合の対処法について調べましたよ〜!

 ということで今日はGoogleアドセンスについて調べたこと7選を書いていきますので、参考にして頂けたらなと思います。

 

基本的なパソコンのGoogleアドセンス設置箇所

 Googleアドセンスを掲載できる数は以前まで3箇所だったのですが、今は3箇所以上設置できるようになってます。ただしペタペタ張りすぎるのはNG。読者の方の邪魔にならないように掲載する数を決めていきます。

 数を決めたら掲載箇所をどうするか。まずはパソコンの基本的な掲載箇所からご紹介していきますよ〜。

 PCの場合は記事上・サイド・記事下にバランスよく掲載するのがセオリー。あとは広告の大きさですが、これは自分の好み。好きなようにすれば良いと思います!

 参考までに僕が現在(H26/11/15)掲載している場所と大きさは右上(336×280)、タイトル下(728×90)、サイドバー(300×600)記事下に(336×280)を2つ並べて、合計5つの広告を掲載してますよ〜。

 

基本的なスマホのGoogleアドセンス設置箇所

 次はスマホの基本的な掲載箇所をご紹介。スマホの場合は上・中・下に分ければOK。ここでいう上・中・下とは『タイトル・記事・記事下(カテゴリーなど)・記事下(おすすめ記事ご紹介など)・フッタ』とスマホ画面に映る上から下まで全てのこと。

 こちらも参考までに僕が現在掲載している場所と大きさは、タイトル下(レスポンシブ)、記事下(336×280)、ページャ下(レスポンシブ)、合計3つの広告を掲載してます。記事途中に広告掲載するのも人気ですが、僕は記事の中に広告があり本文の流れを遮られるのが嫌なので掲載してません。

 

Googleアドセンスを設置すべきでない箇所もあるみたいですよ〜

 設置すべきでない箇所は右上ヘッダ、右下サイドバー、フッタ。なぜかというと人の視線は左から右にいくので、右上や右下は目につきにくいから見たいですよ〜。

 ただーし!! 僕はパソコンの右上に設置しています。マウスを操作するとき右手で操作する人が多いと思うので、なんとなーく右上に掲載したら良いかなぁ〜と思い掲載中。

 極論、世に渦巻いている情報に惑わされずに、自分のブログなので自分が好きな大きさ掲載箇所で、広告掲載すれば良いと思いますよ!広告の大きさや掲載箇所を考えるのも面白いですしね〜。

 

スマホGoogleアドセンスの基本的な大きさをご紹介

 スマホ広告のベーシックな大きさは、記事上320×100、記事中・下336×280若しくは300×250。パソコンの場合は大きな広告の方が目に止まるので、記事とのバランスを考えて大きな広告を掲載していきましょう。 

 

Googleアドセンスの単価は広告の大きさが大きいほど高い!?

 Googleアドセンスについて調べていたら、広告の大きさが大きいほど単価が高いという記事を目にしました。しか〜し今のところ、そのようなことは無いので真相は謎です。ちなみに平均単価はパソコン40円、スマホ35円みたいですよ〜。

 

記事によってクリック率が良い記事もありますよ〜

 ネットショップ関連(価格比較サイト)は、ブログ訪問者の販売意欲が高いのでクリック率が良い。ただしブログを続けるためには、何より楽しみながら書くことが長く続ける秘訣なので『クリック率が高い記事を書くんだ!』などと思わず、長く楽しく記事を書いていきましょう!

 一時的なクリック率なんかにこだわるより、記事を資産化する事にこだわる方がよっぽど大切。

 

もしもGoogleアドセンスから警告文が届いた場合の対処法

 Googleアドセンスのポリシーを守っているつもりでも、警告がきてしまう場合は警告がきた箇所を削除、若しくは訂正すれば大丈夫です。焦って記事を削除する必要は無いですよ〜。

 

おわりに

 ここまでで僕が調べたことは、終わりです。Googleアドセンス初心者の方、参考になった部分があれば自分のブログで試していって頂けたらなと思います。より良いブログライフを楽しみましょう!それでは今日もゆる〜くいきましょ♪

【おすすめ関連記事】

www.shirosakishintarou.com 

                              関連記事