Shintarouのブログ

警察官から転職した経験を告白している雑記ブログです。

【シンゴジラ】ネタバレ・感想・あらすじ!ゴジラが進化する!?その熱線の色とは

        

 

                        SPONSORED LINK

こんにちは。シンタローです。とうとうこの日がやってきました。そうです!今日は、シンゴジラの上映日!!

 

息子と新たなゴジラのストーリーが観れるこの日が来るのを・・楽しみで楽しみで、待ちわびていました。

 

もちろん、観るからには良い席をとらなければと思い、昨日の夜、ちゃっかり2人分の席を購入。

僕は、十数年ぶりの映画館でのゴジラ。息子は、初めての映画館でのゴジラ。鑑賞する準備は万端。

 

ということで、シン・ゴジラを観た感想(評価?)を書いていこうと思います。

 

結論から言うと、やっぱりシンゴジラは熱線が紫色と目新しく、その姿もヤバいほど格好よかったです。

映画エヴァンゲリオンに携わっていた方がシン・ゴジラの総監督ということもあり、目などに若干、使徒っぽさを感じました。

 

そんなシン・ゴジラ!!ゴジラファンの方はもちろん、ゴジラファンでない方も、映画館でその迫力を体感、圧倒されること間違いなしです!

(この先ネタバレがあります)

 

f:id:poririn03:20160729161945j:plain

 

シン・ゴジラネタバレ・感想

東京湾羽田沖で漂流中の小型舟が発見される。

海上保安庁職員が船内に乗り込むも、中は無人状態で遺留品があるのみ。

その時、舟が大きく揺れ、海面から大量の水蒸気が噴出し、アクアトンネルが浸水に巻き込まれる。

 

内閣、アクアトンネル浸水の一報を受け、原因を調査。

地震なのか?火山の噴火なのか?それとも未確認生物の仕業なのか?

 

内閣は、もちろん未確認生物の存在を否定する。

しかし、ネット上に未確認生物と思われる映像が流布され、政府が対処法を検討し始める。

 

謎の生物は、ヘビみたくニョロニョロと東京に上陸し、移動をしながら建物を次々と破壊していく。

(映画を鑑賞していた人たち、ヘビみたくニョロニョロと現れた生物がスクリーンに現れたとき『あれ?新しい怪獣が出てくるんだ』という反応でしたが、実はこれがシン・ゴジラ。進化を遂げ、最終的に二足歩行のゴジラになるのです)

f:id:poririn03:20160729170059j:plain

 

東京をどんどん破壊していくゴジラを撃退するために、首相が緊急事態の布告を宣言し、自衛隊初の防衛出勤が決定する。

(簡単に言うと、自衛隊がありとあらゆる兵器を使用し都内にいるゴジラを倒すということ)

その時、ゴジラが突然立ち止まり、ヘビみたいなゴジラから腕がニョキニョキ生えてきて進化を遂げる。

 

f:id:poririn03:20160729170713j:plain

 

進化したゴジラ。咆哮をあげながら、二足歩行で東京を進行する。その時、ゴジラの上空にヘリコプターが到着。

防衛大臣が首相に射撃命令を出すも、住民が確認されたことから、射撃中止を命じる。

すると、ゴジラの背びれが赤く光り始め、そのまま東京湾へと姿を消していく。

 

f:id:poririn03:20160729171303j:plain

  

首相官邸にゴジラを倒すための対策本部が設置され、ゴジラを倒すために内閣翻弄。

そこに、米国大統領次席補佐官のカヨコ(石原さとみ)が到着し、日本とともにゴジラを倒すために協議をする。

その結果、ゴジラに微量の放射能があることがわかり、ゴジラが体内に有する原子炉を冷却すれば、ゴジラの活動が停止するのではということで『矢口プラン』というゴジラを冷却するためのプランが発案される。

 

f:id:poririn03:20160729172057j:plain

 

より巨大になったゴジラが相模湾に出現する。首都を防衛するために『タバ作戦』という、多摩川を絶対防衛線に定めた、ゴジラ撃墜作戦が開始。

各駐屯地から、様々な自衛隊機がゴジラの射程圏内に到着。首相が武器使用を許可し、ゴジラに凄まじい攻撃を開始するも、全く効いた様子を見せないゴジラ。『タバ作戦』は失敗に終わる。

 

f:id:poririn03:20160729172624j:plain

f:id:poririn03:20160729172643j:plain

 

ゴジラ東京に侵入。日本はアメリカと協力し、どうにかゴジラを撃退しようとするも・・・

 

この先は、大画面・大迫力の映画館で是非シン・ゴジラを体感してください!!

 

 

***

 ・・・

 ・・・

 ・・・

 

最後の最後に映る。ゴジラの尻尾が人間の骨の集合体のように見える様は、衝撃的でした・・・

 

 

シン・ゴジラの熱線

シンゴジラ。今までの、ゴジラとは一味違います。何せ口からだけではなく、背びれや尻尾からも熱線が出ます!その破壊力、迫力は凄まじい限りです。

f:id:poririn03:20160729173200j:plain

f:id:poririn03:20160729173219j:plain

f:id:poririn03:20160729173237j:plain

 

シン・ゴジラ総監督

庵野秀明

1960年5月22日生

山口県出身

携わった代表作に、風の谷のナウシカ、新世紀エヴァンゲリオン、キューティーハニー、トップをねらえ!などがあります。

 

シン・ゴジラキャスト

主演は、長谷川博己・竹内内豊・石原さとみ。脇役で斎藤工、数秒、前田敦子も出てきます。みなさん見つけれますかね!?

 

おわりに 

シン・ゴジラ

新しい時代の幕開けに

心踊らずには

いられない

 

今回のゴジラは、ゴジラと人間がメインとなりストーリーが進んでいきましたが、過去のゴジラ作品の傾向から推測すると、来年以降にゴジラVS◯◯シリーズが始まると信じております。

 

そこでどんなバトルが繰り広げられ、どんな新しい怪獣が現れるのか・・期待せずにはいられないです!

 

ということで、ゴジラと人間の熱い戦いが繰り広げられるシン・ゴジラを鑑賞しに、夏休みや休暇を利用して映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか♪

                              関連記事